感性情報処理

感性情報処理とは

「初見データを独自に解析する認識型AI」

ディープラーニングに代表される「学習型AI」は、学習データを蓄積することによる、いわば”成功体験の再現”です。
TRIARTが開発研究するAIとは、熟練者の目視と同じ感覚で、学習データを用いずに初見データの特徴点を認識できる「認識型AI」の開発を行っています。
解析範囲は、図面、スキャンデータ(PDF)はもちろん、JPEG・PNG・TIFFデータや、熱画像に至るまで、活用の幅を広げています。

感性情報処理による課題解決

図面差分比較
こんな課題を解決します

・設計変更時の変更チェック漏れを防ぎたい
・検図作業を効率よく行いたい
・雲マークの変更点チェックはわかりずらい
・事務員さんでも操作できる簡単な図面差分チェックツールがほしい
・見積図面と変更図、契約図などの確認業務を効率的に行いたい

スキャンデータ比較
こんな課題を解決します

・CADデータを出力したPDFデータとスキャンデータの差分チェック
・異なる図面様式での差分検知
・古い印刷本のスキャンデータを比較したい

画像データ比較
こんな課題を解決します

・印刷時の文字化け、誤値、印刷汚れを検知したい
・書体違いを検出したい
・自社独自で生成しているデータの差分をとりたい