1. HOME
  2. お知らせ
  3. Surface Go など Microsoft 製品のセキュリティを向上

NEWS

お知らせ

プレスリリース

Surface Go など Microsoft 製品のセキュリティを向上

XCOA による Azure、Surface シリーズのビジネス活用に向けた次世代ネットワーク構築

現在、日本マイクロソフト社では、産業領域のデジタルトランスフォーメーションへの取り組みを強化しており、Azure を中心としたインテリジェントクラウドと Windows を中心としたインテリジェントエッジを組み合わせて、特に現場の最前線での働き方改革を推進しています。Firstline Worker と呼ばれるこの領域において、特に AzureSphere による IoT のインテリジェント化、Surface Go といった先進的なモバイルワークを支えるデバイス技術によりこれまでよりも高度なデジタルトランスフォーメーションの実現を推し進めております。ここに、TRIART のXCOA テクノロジーを組み合わることによって、端末やデータの安全かつ自由度の高い運用が可能になります。まずは今夏発売の Surface Go 端末の無線やカメラなどのデバイスを制御し、新しいワークスタイルモデルを提案を開始します。

TRIART が技術研究を進める XCOA 技術は、コンピュータが連携することで安全な関係を確保しながら、IoT や機密データをネットワーク内に暗号状態で分散し、データ解析が可能な分散型のビッグデータを形成。参加するコンピュータの CPU 処理能力を組み合わせ、ひとつの高機能なコンピュータとして活用することで、セキュリティと高いパフォーマンスを実現する次世代の P2P 技術です。一般的に、セキュリティを確保しながらデータを安全活用するためには、VPN や SSL でネットワークを制限し、データをサーバに閉じ込める手法が主流でしたが、XCOA 技術においては、ブロックチェーンで処理を保証したネットワークが、セキュリティの確保とネットワークの分散、大規模計算を同時実現します。

仮想通貨の改ざん防止の技術と同様に、XCOA におけるデータを外部へ持ち出すためには、ネットワーク全体のハッキングが必要となるため、情報を決められた組織内でのみ利用できる「持ち出しできないデータ」の運用が可能になります。組織内への Surface 端末の持ち込み、持ち出しを自由にするだけでなく、データそのものの存在場所を制限することで、端末の持ち運び制限を自由にし、従来のワークスタイルを革新的に作り変えることが可能です。このたび、Microsoft 社が展開予定である IoT デバイスである Azure Sphere や今夏発売の Surface Go などのプロダクトにおいて、TRIART は日本マイクロソフト株式会社と協力し、これらのデバイスとネットワークサービス内にXCOA テクノロジーを導入。Windows OS を活用する上で、情報漏洩を防ぎ、自由な端末持ち運びやデータ活用を実現します。今後 TRIART と日本マイクロソフトが深い協力関係を築き、世界に向けてソリューションを展開していきます。

本連携により可能になるシステム

  • Surface Hub や Surface Pro、Surface Go の端末を利用した、空間内データ共有
  • 端末のネットワークや、カメラなど、さまざまなデバイス機能制御とデータ監視
  • アプリケーションの起動や実行コントロールとデバイス機能の ON/OFF
  • データの分散暗号と処理のチェーンによる、ネットワーク内の情報解析と活用

マイクロソフト社のコメント

日本マイクロソフトは、TRIART 様の高度なデータ保護および分散処理ソリューションである XCOA 技術においてMicrosoft Surface ならびに Microsoft Azure の活用モデルを構築いただいたことを心より歓迎いたします。TRIART様の国内およびグローバルでの豊富な実績と先進的な高い技術力によって、お客様の働き方やビジネスモデルの在り方を変えることができると考えており、日本マイクロソフトが目指す産業領域のデジタルトランスフォーメーションの推進を強力にサポートいただけると考えます。今後も日本マイクロソフトは、株式会社 TRIART 様と連携し、XCOA 技術とマイクロソフトの技術の活用を通じてお客様の事業の発展に貢献して参ります。
日本マイクロソフト株式会社
執行役員 常務 クラウド&ソリューション事業本部長
手島 主税

本リリースに関する報道機関からのお問合せ

株式会社TRIART 担当:野村
TEL:0948-80-1081
福岡県飯塚市川津680番地41 CIRD
URL: https://triart.co.jp/ (WEBフォームよりお問い合わせください)

記載された社名および製品名/サービス名は各社の商標または登録商標です。

リリースの原文はこちら

最新記事