1. HOME
  2. お知らせ
  3. 秘密分散の連鎖によりデータ漏洩防⽌を 容易に管理できるシステムを開発

NEWS

お知らせ

プレスリリース

秘密分散の連鎖によりデータ漏洩防⽌を 容易に管理できるシステムを開発

セキュリティを強化しながら⾃由度の⾼い業務環境を実現

技術創出ベンチャーの株式会社TRIART(本社:福岡県飯塚市、以下 TRIART)とトヨタ⾃動⾞九州株式会社(本社:福岡県宮若市、以下 トヨタ九州)は、「秘密分散連鎖技術」を応⽤して機密データの漏洩を容易に防ぐ管理システムを開発し、運⽤を開始しました。

これまで社内のデータを管理するサーバやパソコンは、機密データの取り扱いに関して多重のセキュリティ対策を講じる必要があり、担当者にもデータの持ち出しを管理するうえで複雑なオペレーションが求められてきました。そこでTRIARTとトヨタ九州は、こうしたセキュリティ対策をより強固にしながらオペレーションの簡略化を実現。機密データの漏洩防⽌管理を容易にするシステムを共同開発しFLEXTHY(フレキシー)と名付けて2017年6⽉からトヨタ九州の⼯場内で運⽤を開始しました。

FLEXTHYは、万⼀、機密データが漏洩しても他者が解読できないように、その機密データを秘密分散措置。利⽤者はFLEXTHYで管理しているパソコンに限って通常の操作で機密データを利⽤できますが、その他のパソコンでは利⽤できなくなります。また、FLEXTHYはパソコン本体のUSBデバイス制御、ネットワーク接続制御、特定の操作に対してユーザの他操作をロックして警告する機能などを有するほか、機密データのコピー・移動時に利⽤履歴を共有することで、この履歴からデータが漏洩した際に判別できるようにシステム化。この結果、企業は外部侵⼊や内部関係者による情報の不正漏洩に過敏になることなく、気軽に機密データを取り扱えるようにしました。年度中にブロックチェーンを活⽤した機密情報の流通管理により、⾼性能データ管理サーバを配置せずとも安全な機密データ管理を展開する予定です。

TRIARTは九州⼯業⼤学発の技術創出ベンチャーで、産学連携により世界に類のない技術開発に取り組む研究戦略型の企業を⽬指してきました。特に強固なセキュリティが求められるスマートフォン向け遠隔医療⽤システムの展開やそれを⽀えるネットワークインフラ技術等の開発に実績を持ち、「セキュリティに強いスマートフォン向けソリューション開発」は国内外に数多く導⼊されています。他⽅、トヨタ九州は「地域社会の発展・取引先との共存共栄」を基本理念の⼀つに掲げ、九州の持つ⼒を再認識して活かす地域連携活動を進めており、地元ITベンチャー企業との協業を通じて九州全体の競争⼒向上に貢献する取り組みを強化しています。

※秘密分散:暗号情報を分散することで、分散された1つの情報だけでは復号不可能な状態を
実現する技術

会社概要

社名 :株式会社TRIART
本社 :福岡県飯塚市川津 680番地41CIRD
代表者 :今津 研太郎
事業内容:新しい技術研究開発とサービスの実現

社名 :トヨタ⾃動⾞九州株式会社
本社 :福岡県宮若市上有⽊1番地
代表者 :⾦⼦ 達也
⽣産品⽬:[レクサス⾞]
HS250h, CT200h, RX350/RX450h/RX200t,
NX200t/NX300h/NX200, ES300h/ES350/ES250/ES200
[トヨタ⾞]
SAI

本リリースに関するお問い合わせ先

【開発に関するお問い合わせ】
株式会社TRIART
担当:渡辺 淳
TEL :0948-80-1081
【活⽤に関するお問い合わせ】
トヨタ⾃動⾞九州株式会社 IT企画部
担当:藤本 義博
TEL :0949-34-2150

リリースの原文はこちら

最新記事